研磨種類

    


光沢研磨
バフ♯400

一般的なバフ研磨です。
溶接後の手直しが容易です。

バフ♯600

♯400よりも光沢があるバフ研磨です。
映り込みもハッキリとしてきます。

バフ♯800

本鏡面に近い光沢があります。
うっすらとバフ目が入っています。
準鏡面ともいいます。

本鏡面

鏡のような光沢の研磨です。
バフ目が無く景観がハッキリと写り込みます。

梨地研磨

バイブレーション

無方向に小さな弧を描いた研磨模様です。
梨地研磨の一種で、映り込みが少なく遠目には落ち着いた雰囲気になります。
エレベーター、高級キッチン、建築建材の内外装等に使用されています。
溶接部分の手直しも簡単にできます。

バイブレーションD-40

標準品よりもマットな仕上げ。
全体的な光沢感も少なく落ち着いた雰囲気になります。
研磨目も細かく目立ちません。

バイブレーションM-120

標準的なバイブレーション研磨です。

バイブレーションS-60

標準品よりも目が粗く、全体的にキラキラとした反射があります。
研磨目もハッキリと見えるタイプです。

その他
ヘアーライン

髪の毛のような真っ直ぐなラインで表現された研磨。
一般的な梨地研磨です。
また、短手方向に研磨するB方向研磨も可能です。
対応可能番手:♯24~♯400

ヘアーラインクロス

HLをクロスにかけることによって、
見る角度によって見えるラインが変わってきます。

ビーズブラスト

ガラスの玉を表面に当て、半光沢の梨地に仕上げる加工です。
対応可能番手:♯60~♯400

ウロコ研磨

円周状にスピン研磨した模様をウロコ状に重ねた研磨柄。






その他にもご要望に応じた加工研磨が可能です。
お気軽にご相談ください。